理事長・医学博士  森 文美
名春中央病院グループ 医療法人愛仁会 社会福祉法人名春会
地域の患者様のニーズを捉えた医療の提供と、全てにおいての質の向上を目指します
名春中央病院グループ 医療法人愛仁会 社会福祉法人名春会

http://www.meisyun-hp.or.jp/

 

所在地

〒462-0013

名古屋市北区東味鋺1-2401

TEL 052-901-6131

FAX 052-901-6132

 

アクセス

県営名古屋空港より車で15 分

名鉄小牧線「味鋺」駅より徒歩3 分

市バス「水分橋」駅より徒歩10 分

 

設立

昭和47 年

 

診療科目

内科・胃腸科・循環器科・外科・脳神経外科・整形外科・皮膚科・泌尿器科・

リハビリテーション科

 

診療時間

〈月~金〉9:00 ~ 12:00、15:00 ~ 17:15

〈土〉9:00 ~ 12:45 〈休診日〉日・祝

 

グループ施設

医療法人愛仁会 老人保健施設こまきの森

〈所在地〉

 〒485-0075 愛知県小牧市大字三ツ渕1945-1

 TEL 0568-41-3450 FAX 0568-41-5886

 URL https://komakinomori.jp/

社会福祉法人名春会 地域密着型特別養護老人ホーム 名春の森

〈所在地〉

 〒462-0013 名古屋市北区東味鋺1-2502

 TEL 052-903-0711 FAX 052-903-0713

 URL www.meisyunnomori.or.jp

 

グループ方針

① KK 医療(心のこもった効率ある医療)

② Small is beautiful を目指す


愛知県で地域の患者から愛され、親しまれるオンリーワンの病院グループ
独自のモットーを掲げながら、日々地域医療に貢献

名春中央病院グループ 医療法人愛仁会 社会福祉法人名春会

理事長・医学博士 森  文美

 

 愛知県名古屋市北区と小牧市で展開する「名春中央病院グループ」。同グループは、医療法人愛仁会「名春中央病院」、介護老人保健施設「こまきの森」、そして社会福祉法人名春会の特別養護老人ホーム「名春の森」の3施設217床からなり、それぞれが役割を果たし、今現在、医療・看護・介護(と生活)の三位一体で地域医療を力強く支えている。

医療・看護部分をカバーする名春中央病院は、84の病床を有し、急性期治療を終えた患者や療養患者に治療を提供。必要であれば専門病院を紹介するなどの橋渡し役も担っている。

看護・介護部分は介護老人保健施設の「こまきの森」(95床)が担う。日常生活に介助を必要とする人に医師、看護師、介護職などが24時間関わり、家庭での日常生活の復帰を支援している。

そして介護・生活福祉は特別養護老人ホームの「名春の森」(38床)が担っており、ここでは介護支援とともに、質の高い暮らしの支援も行っている。

「名春中央病院」は外来診療、リハビリ(理学療法、作業療法)、一般病棟、療養病棟、そしてリハビリにおいて重要な役割を担う浴槽も兼ね備えた病院だ。診療科目においては、内科、胃腸科、循環器科、外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、リハビリテーション科があり、多岐に渡る患者への対応が可能に。究極のヒーリングホスピタルを目指すべく、日々進歩している。

超高齢化社会の時代を見据えて開設された介護老人保健施設「こまきの森」は、短期入所療養介護、通所リハビリテーション等も合わせて提供している。看護・介護が必要な患者に、各専門スタッフによるケアと快適な生活を届ける。

「口腔衛生や散髪など生活に必要な設備、そして年中行事や趣味などの文化活動も積極的に行い、高齢者の精神的な充実もはかりながら自発的にリハビリに励んで頂ける施設となっています。森のイメージで建物は造られ、心安らぐ居住空間が特徴です」

介護・福祉を担う特別養護老人ホームの「名春の森」は、日常生活に支えが必要な人や認知症等で常時介護が必要な人、自宅での生活(介護)が困難だが入院治療を必要とされていない人が対象となっている。

さらに、名春中央病院・こまきの森との連携を活かして、いざという時の医療提供体制も万全となっており、まさに安心と共に生活を送れる環境が整っている。

ニーズを捉えた医療提供という部分においては、「終末期の認知症患者様を支えることの

できる受け皿をつくっていきたい」と森理事長。

森理事長を先頭にスタッフ一丸で成長を続け、これからも地域社会へ多大な貢献を果たしていく。

 

 

(文章一部抜粋、完全版は書籍をご覧ください)